値段と愛情の関係

danjyo.jpg婚約指輪を選ぶ場合に色々な選択条件はあると思いますが、その中でも指輪の値段は大きな関心事です。


一般的に、彼女のために購入する指輪はブランドやお店、デザインや素材、色など、まあ簡単に言うと値段以外は基本彼女が決めるような感じです。


ただ婚約指はの場合はちょっと微妙なところもありますね。彼女に見てもらうときには既に購入している場合が多いからです。


改めて説明の必要はないかも知れませんが、プロポーズを受けてくれた時点で婚約指輪を受け取ってもらう事になるので、その時には既に婚約指輪は購入済みなのです。


つまり、値段だけ気にしていればいいだけでなく、婚約指輪に限っては普通は彼女任せのブランドやデザインなども全て責任を持って決めなくてはいかないのです。
とは言いながらも、ブランドやデザインはある程度エイヤで決めることが出来るという言い方もできます。


最初に決めるべきブランドも、国内・海外とも有名なところならそんなに多くもありませんし、そのお店に行けば、婚約指輪のデザインや素材、色などは何でも相談にのってもらえます。


乱暴な言い方をすると、ブランドさえ決めればあとは値段、つまり予算だけの問題という訳です。
それも含めると、事前に購入する場合の婚約指輪は、イメージ的にはほとんど値段だけの問題に絞られると言ってもいいでしょう。



■値段は愛情か

婚約指輪は給料の3ヶ月分、というのはよく聞く話です。手取りか額面かで金額は変わってきますが、決して安い金額ではありません。
毎月ギリギリ?の生活をしている身には、それだけで貯金を全部使い切るような感じです。貯金がなければローンになるのでしょうか。


やはり給料の3ヵ月分じゃないと、自分の気持ちを疑われるのでしょうか。(細かい事を言うと、渡す時点では彼女に値段は分からないと思いますが、あとで調べるかも知れません!)


結論から言うと、給料の3ヶ月分である必要はありません。この3ヶ月分は余りに有名になりすぎていますので、気にする人も多いようですが、実際に実行している人は多くはないのです。


いろいろな調査結果によりますと、ボリュームゾーンは20万から30万程度です。勿論これ以上の予算でも構いませんし、低くても構いませんが、この範囲の予算であればあなたの気持ちは彼女に十分伝わります。


大抵の場合、彼女は婚約指輪の相場は知っており、それ以上であったら嬉しくは思うかも知れませんが、ほぼ相場通りであれば後で問題?になることもないでしょう。
彼氏からすると、気持ちを表すためにと少しでも高価な指輪にしたいと考えるかも知れませんが、それで貯金が無くなってしまっては元も子もありません。


婚約はイコール結婚です。結婚式や新婚旅行、新居の準備や何やらで幾らお金があっても足りない位になりますので、指輪を含めたトータルで愛情が伝わるものだと思います。

そんな結婚ですが、式の当日には女性はドレスを着るので前日までに全身を脱毛する人が多いそうです。他にもネイルやエステなど女性は大変です。

一生に一度なのでキレイになって式に臨みたいですもんね。

脱毛は1日では終わらないので根気よく通う必要があります。なので式の1年前から脱毛を始めるひとも多いんだとか。

脱毛の参考サイト→永久脱毛*徹底比較!料金・痛さを実際に検証してみた

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ